ごあいさつ


 平成元年11月開院以来、30年以上を経過し医療を取り巻く環境も大きく変化してまいりました。当初とは人口構成も異なり、老齢化が大きな社会問題となってきております。

 また、昨今の大震災により宮城県内の人口構成も大きく動きがあり、ここ大崎医療圏においても入出による人口の変動が大きくなっております。

 そのような中、当院は診療科として外科、内科(呼吸器、循環器)、消化器科、神経内科を標榜し、また、在宅医療や終末期医療にも取り組み高齢化社会に対応するべく力を注いでおるところです。今後もより一層地域医療に尽力致したい所存です。

 

院 長 三 浦 裕 一


看護部からごあいさつ


常日頃より地域の皆様には当院に信頼を寄せていただき感謝申し上げます

 

 三浦病院の始まりは外科病院です。外科系看護で培った技術力・対応力・柔軟性が当看護部の誇りです。

 さまざまな病状を持ち、種々の処置を必要とする患者さんについて、新人看護師から熟練看護師まで看護実践能力の維持向上に努めて

 おります。

 当院は、一般病棟及び療養型病棟を持ち、施設への往診、在宅医療等、民間病院のフットワークのよさと職種間の風通しの良さを強みに、地域の皆様が、さまざまな症状を抱えながらいつものように住み慣れた環境で生活するための最善の方法を共に考えてまいります。

 また、働きながら資格取得をめざす学生についても、その環境を整えて支援しております。

 将来、看護職として共に働く人材を大切に育てていきたいと考えております。

看護部長 佐久間 文子

 

看護部の理念

安全・安心な療養環境の提供と、住み慣れた環境で生活できるための最善の方法を共に考えてまいります

 

看護部の方針

  1. 思いやりに満ちた温かい看護を実践します
  2. 医療安全・感染対策に努め、安全・安心な看護を実践します
  3. 専門職としての倫理と責任・誇りを持ち、看護実践能力の向上に努めます

施設案内


標榜診療科

外科・内科・消化器科・神経内科・リハビリテーション科・脳神経外科


病 床 数

79床(地域一般入院料1 39床)(療養病棟入院料1 40床)


指定・取扱

各種健康保険・労災保険指定医療機関・生活保護

特定疾患治療研究事業・自立支援医療(精神通院)

身体障害者福祉法指定医


施設基準

看護補助加算1

がん治療連携指導料

在宅時医学総合管理料又は特定施設入居時等医学総合管理料

胃瘻造設術

時間内歩行試験

CT撮影(マルチスライスCT16列以上64列未満)

脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅲ

運動器リハビリテーション科Ⅱ

呼吸器リハビリテーション科Ⅰ


届出を必要とする手術及び実績

肺悪性腫瘍手術等       0件

尿道形成手術等        0件

肝切除術等          0件

子宮付属器悪性腫瘍手術等   0件

食道切除再建術等       0件

(平成29年の実績に基づく件数です)

※記載している件数は届出を必要とする手術についての件数で当院の全手術件数を示すものではありません


上記の施設基準等については院内に掲示しております。(掲示内容は以下をクリック!)

ダウンロード
施設基準等に関する掲示
innaikeiji.pdf
PDFファイル 90.1 KB

ご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください。